二重整形のカウンセリングで聞くこと8つ。

《スポンサーリンク》

二重整形をしよう!と思ったら、まずはカウンセリングに行きますよね。

カウンセリングは自分がわからない点を先生に聞けるだけでなく、その先生が信頼できるかどうか見極める大切な時間でもあります。

私もカウンセリングに行く前にノートに質問をまとめてから病院に向かいました。

カウンセリングで聞きたいことをちゃんと聞けると、安心して手術に挑むことができます。皆さんも安心して手術が受けられるように、カウンセリングで聞いた方が良いことをまとめてみました。

『カウンセリングで聞くべきことを8つにまとめてみた』ので、ぜひカウンセリング前に一読ください。

カウンセリングではじめに伝えるべきこと

自分の理想の二重の幅や形
普段からメザイクやアイプチで二重を作っている幅なのか、それとも手術でもっと二重の幅を広げたいのか、自分が理想とする二重の幅を伝えましょう。また、理想の形は目頭が狭く中央にいくにつれて幅が大きくなる末広型なのか、均一の幅間の平行型なのかも伝えられるとグッドです。

普段のメイクについて
ナチュラルメイクなのか、がっつり化粧をするタイプなのか。化粧をして映える二重を作りたいのか、すっぴんやナチュラルメイクの時にも不自然にならない二重が良いのかを伝えましょう。

手術に何を求めているのか
永久に取れない二重が良いのか、それとも万が一のことを考えていつでも元に戻せる方が良いのかを選びましょう。リスクをとるのか安心をとるのかによっても施術の方向性は変わってきます。

二重整形のカウンセリングで聞くこと8つ

自分の顔に合う二重の幅
自分が理想とする二重がプロの目からすると不自然な二重である場合もあります。そのためどれくらいの幅が自分の顔に似合うのか、二重の幅を広げすぎて眠そうな目にならないかなど、プロの視点からみた意見を伺い(うかがい)ましょう。

自分に合った手術方法
自分が色々リサーチして妥当だと思った手術内容が、ベストな手術方法であるとは限りません。埋没法または切開法が良いのか、そのほか目頭切開なども組み合わせるのかなど、自分のまぶたと理想の二重にとって最適な手術方法を教えてもらいましょう。

手術にかかる費用
ホームページに掲載されている費用の他にも麻酔代など追加で必要になる場合もあります。そのため医師に直接トータルでいくら必要になるのか確認しておきましょう。

手術のメリットデメリット
病院によって様々な手術方法がありますが、それらの手術それぞれのメリットデメリットを聞いておきましょう。それを聞いた上でどの手法を取るべきなのか判断しましょう。

万が一のリスクについて
二重整形はプチ整形と言われていますが、手術をすることに違いはありません。最悪のケースもしっかりと考えておく必要があります。そのため先生にも最悪のケース何が起こるのか伺って(うかがって)おきましょう。

担当医について
自分の手術を執刀(しっとう)する先生は誰なのか確認しておきましょう。カウンセリングした先生が手術もしてくれる病院の方が安心です。

ダウンタイムはどのくらい必要なのか
手術後のダウンタイムはどのくらいかかるのか、どのくらいお休みを取るべきなのか確認しておきましょう。それを確認した後に手術を受けるスケジュールを組んでいきましょう。

アフターケアについて(保障について)
二重が取れてしまった時の保障についても確認しておきましょう。特に埋没法の場合数年後に取れる可能性は高いです。その時の再手術の費用は無料なのか、それとも再び費用を負担する必要があるのか聞いておきましょう。また、二重の幅を変更したくなった場合についても伺って(うかがって)おくと良いでしょう。

《スポンサーリンク》

さいごに

カウンセリングに行くことで、自分のまぶたは厚いのか薄いのか、自分の顔に合う幅や形は何なのかなど、自分について色々と確認することができます。

自分の理想の二重の幅も、カウンセリングの前後で変わることもあります。

現に私も最初は平行二重を作りたかったのですが、”ともみさんの顔立ちで平行二重を作ると明らかな整形顔になる”と先生に指摘されたため、末広型に変更しました。

先生によってはアドバイスがなく、そのまま自分の要望通りに作ってくれるところもあります。

しかしその結果、自分が当初思っていたような顔にならなかったなど、後々の後悔が生まれる可能性もあります。

できる限り良い結果になるように、しっかりとカウンセリングを受けてプロの目から見た意見を参考にしてみてくださいね。

皆さんの手術がうまくいくことを願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

《スポンサーリンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です