二重整形のカウンセリングから手術までの流れについて

《スポンサーリンク》

二重整形をしたいけど、カウンセリングから手術まではどういう流れで行なっていくんだろう?と疑問に思っている方も多いと思います。

また、これから二重整形をする子は、この点はしっかり確認しておきたいところですよね。

そこで今回は『二重整形のカウンセリングから手術までの流れについて』まとめてみました。

一通りの流れを確認して、自分のスケジュールと照らし合わせて手術をやる日を決めていきましょう。

二重整形の流れについて

電話やメールでカウンセリングの予約をする
病院に直接電話をする、または病院のホームページからカウンセリングの予約をします。湘南美容外科など病院によってはメール相談を受け付けているところもあるので、対面カウンセリングの前に先生に質問したい場合はこのようなメール相談を利用しても良いでしょう。

カウンセリングを受ける
先生と実際に対面し、手術のやり方やメリットデメリット、自分の顔に合ったデザインなどを相談していきます。このカウンセリングで、自分が抱いてる不安や心配を解消しておきましょう。(所要時間:15分〜1時間)

いざ、手術室へ
カウンセリングと同日に手術をする人はそのまま手術室へ、後日手術を受ける場合は別日に手術を行います。

麻酔をかけられる
クリームのようなものを塗る表面麻酔、数分間ガスを吸い込む笑気麻酔などを行なった後に、注射にて局所麻酔をまぶたの表面と内側に行います。

手術を受ける
埋没法の場合は針と糸で縫い合わせ(所要時間:10分〜15分)、切開法の場合はメスで切開した後に縫い合わせていきます(所要時間:15分〜30分)。

アイシングをする
横になった状態でアイスノンなどで数分間まぶたを冷やしてもらいます。

終了
帽子やサングラスなどで目元を隠し、帰宅します。

カウンセリングを受ける前に

カウンセリングを受ける前にしっかりと自分が知りたいことをリストにしておくことをオススメします。

先生に直接色々お話を聞けるチャンスなので、わからないことや疑問に思うことを全て質問して不安を解消しておきましょう。

私なりに先生に質問しておいた方が良い項目をまとめてみましたので、質問項目が思いつかない人はぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 実際の手術も先生自身が行なってくれるのか
  • 自分のまぶたにとってベストな手術方法
  • ダウンタイムはどのくらいあるのか
  • 自分の理想の二重の形は、自分の顔に合うかどうか
  • それぞれの手術方法のメリットデメリット
  • 万が一の時のアフターケアについて
《スポンサーリンク》

手術日について

カウンセリングと手術は同日にできるところもありますが、できれば別日に行った方が良いと思います。

時間がなくて一日で全て終わらせたいという人はそれでも構いませんが、別日にすることで2回先生と話す機会が得られるので安心です。

1回目のカウンセリングで先生と相性が合わなかったり、二重のデザインの感性が合わない場合、そこでの手術を取りやめることもできますし、カウンセリングで質問し忘れたことを別日に再び聞き直すこともできます。

また、カウンセリングから手術までに時間を置くことで、手術について冷静に判断することができます。

整形手術は、勢いでするものではありません。後々後悔しないためにもカウンセリングで先生に言われたことを頭の中で整理して、手術に挑みましょう。

さいごに

二重整形の一連の流れについて紹介していきましたが、皆さん手術のプロセスを理解することができたでしょうか?

特に手術の経験が一切ない人にとっては、初めての経験で手術に関してわからないことだらけだと思います。

自分で集められる情報はできるだけ集め、それでもわからない点はカウンセリングでしっかりと先生に質問をぶつけていきましょう。

このサイトでも引き続き、皆さんの疑問を解消できるよう情報を提供していきますので是非お役立てくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

《スポンサーリンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です