二重整形から5年後の目元の状態について

《スポンサーリンク》

二重整形をしたい人にとっては、手術を受けた後の未来については気になる点だと思います。

私が18歳の時に二重整形をした時は、プチ整形が流行りだした頃でした。そのため前例になる人を探すのは至難の技でした。

しかし今はプチ整形が浸透してきたので、みなさんも二重整形の先輩の話を聞くことができると思います。

私も二重整形の先輩の一人として、私の整形後5年が経過した時の様子をみなさんにシェアしたいと思います。

二重整形から5年が経過(当時23歳)

高校を卒業し、東京の大学へ上京するタイミングで私は二重整形をしました。(手術の様子についてはこちらの記事でお伝えしています。)

その5年後というと、私が大学を卒業し某企業で働き出したばかりの頃になります。

その5年間の間に、二重整形をした部分がずっと完璧であった訳ではありません。

  • 埋没法でやったところが取れてしまい、再手術。
  • 二重の幅が少し狭くなって来た。

二重整形をした部分が取れた

この5年の間に一度だけでなく、左右それぞれ、2、3回ほど取れてしまい再手術をしました。

両方同時に取れることはなく、どちらかが急に取れてしまったり、目頭の部分だけ取れてしまったりという感じです。

目を思いっきりこすったり、泣きすぎて目を腫らしたときなどは注意が必要です。

そういう時に埋没法で縫った糸が取れてしまう可能性があります。取れてしまった時は、アイプチなどでカバーしていました。

埋没法の糸である程度二重のクセがついていたので、一度寝たら元の二重に戻った時もありましたが、戻らなかった時は美容外科で再手術を受けました。

私が手術を受けた病院は再手術は永久無料だったので、取れた度に手術を受けに行きました。

二重の幅が変わった

手術してすぐは目元がくっきりとしていると思いますが、5年くらい経つとより自然な目元に変わっていきます。

整形外科の先生によると、若い時にピーンと張っていた肌が歳と共にたるんでくるのが原因だそうです。

二重のラインがなくなる訳ではなく、よりナチュラルな目元になるという感じです。

これは整形の有無に関わらず起こることなので、そんなに気にされる必要はないと思います。

《スポンサーリンク》

皆さんへのアドバイス

埋没法をやった人は糸が取れる可能性もあるので、再手術が無料の病院に行くことをお勧めします。

私が今簡単に調べたところによると、

大塚美容外科では、埋没法は5年保証、または永久保証から選択できるそうです。

湘南美容外科の場合は、埋没法の手法によって、1、3、5、10年、一生涯という選択があるそうです。

20代前半までに二重整形をやる人は、最低5年は保証がある方が安心かと私は思います。

ついでにリンクを貼っておきますので、参考にご覧下さい↓

大塚美容外科
湘南美容外科クリニック

《スポンサーリンク》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です